飽きもせず。

 きょうは自宅を出たのが14:00くらい。家族を迎えに行く予定があるので走れるのは最大で2時間くらい......、と思って出発。休日に乗れるのはひょっとしたらきょうが最後になるかもしれないので花脊峠が気になりつつも、しんどいから時間が無いので、手軽な雲ヶ畑まで。

 飽きもせず同じコースをマイペースで淡々と走る。けっしてトレーニングペースでも無く、のんびりすぎることもなく......。「なんで時間も無いのに、同じコースを飽きもせず走っているんだろう」と自問しながら淡々と走ります。そして走りながら思ったのは、「やっぱり自転車で走ることが好きなんだ」ってこと。どうせ走るならやっぱり100kmとかある程度の距離を走りたいが、それは時間の関係も有りできない。そしてたった片道10km程度、いつも同じで珍しくもないコースをなんでこうして走るか......。自分の足だけで走ることができるランナーはスゴイと思うけど、自分には無理。自分の足で1km走ることもきっとできないだろうなという人間が、自転車だと100kmでも走ることができる。そして自転車で走ることそのものが自分にとって楽しいことなんだと......。自転車は年齢がいくつになっても自分の力で進むことができる魔法の乗り物のよう。片道たった10kmでも、走れば楽しい。

e0149648_2313658.jpg


 洛雲荘はきょうは提灯がともっていました。別に監視しているわけではありませんが......(^^;。
[PR]
トラックバックURL : https://dottensya.exblog.jp/tb/23979740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asyuu at 2015-12-21 20:16 x
ですね。
少しでも走ると生きているのもまんざらでもないと思わせてくれます。
Commented by dottensya at 2015-12-21 22:22
asyuuさん>
 そうですよね。好きだからこそ、かもしれませんが、少しでも走ると(たとえ仕事に行くのがイヤな通勤でも)、自転車で走ると「俺、生きてるなぁ(^^)」「もうちょっと頑張ってみようかな」と思ってしまうのであります。
by dottensya | 2015-12-20 23:23 | サイクリング | Trackback | Comments(2)

あの角を曲がれば......

あの角を曲がれば、どこか別の世界へ行けるかも......。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31