秋は深まる...。

 きのうからきょうの朝まで雨が降っていたので、道路が乾くのを待つとしたら走りに行けるのは昼からか。待ったとしても峠では日陰部分は乾ききっていないだろうなぁと思いつつ、午後3時半くらいに自宅を出発。小野郷の岩戸落葉神社の黄葉はどうだろうと気になりつつも、京見峠から杉坂へはきっと道路も乾ききっていないはずなので、行くのとを躊躇しました。花脊峠も登りたいけど、乾いていないだろうなぁ。大原方面へいくのが一番良いかもしれないけど、ただ行っても面白くない...。けっきょく時間もあまり無いので、京見峠を登って引き返して帰ってきました。

 きょうはアウター縛りで...。
e0149648_22463245.jpg

 頂上付近で撮った紅葉。

 京見峠茶屋あたりは、何年か前にとってもきれいな紅葉に包まれたことがありましたが、今はこんな感じ。今年はどうでしょうね...。きれいな紅葉に包まれる前に葉が落ちてしまうか、色づきが今一になるか...。毎年同じように季節が変わっていくようで、その内容は違います。同じ場所の紅葉のしかたを見ているとよく分かったりします。

 鷹峯はいつもと違って観光客がちょっと多かったかな...。

 触れずにおこうと思ってもやっぱり触れてしまいますが、ちょうど1年前のきょうの日曜日(日付は11月16日ですが、ことしはそれにあたるのがきょう11月15日)、京北で自転車走行中に脳内出血→意識障害→落車→骨盤骨折→入院となったのでした。脳内出血も骨盤骨折も命に関わる重大なことだったにもかかわらず、後遺症も麻痺もなく、ほんとうに運良く、病院でも保存療法で寝ているだけという感じで完治。

 あれ以来、自転車にはまた乗っていますが、どうしても以前のように走ることはできなくなりました。自分の気持ちの中では全然大丈夫なのですが、やはり家族の心配、職場への迷惑・負担、もしまた起こったら... ということを考えると、なかなか以前のようにはいきません。休日に走る距離も本当に短くなってしまいました。

 同時に、人生いつまでも続かないなと実感した経験でもありました。だからこそ今を大事に、そして今やりたいことを今のうちにやっておこうという気持ちも以前より強くなりました。今を後で後悔しないように生きたいという思いは以前からありましたが、今まで以上に後悔したくないというかなんと言うか...。まあ、去年と同じようなことが次に起こったら命はもう無いかもしれませんし、今をとりあえず一生懸命に生きるだけですね(^^;。
[PR]
トラックバックURL : https://dottensya.exblog.jp/tb/23872806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maru at 2015-11-16 09:37 x
自分も先週から持病である痛風の発作を22年ぶりに起こし、療養中です。
左足親指の付け根が腫れあがり、歩けなくなって仕事を2日休みました。
酒は全く飲まず、基本的に肉も食べないのですが、遺伝で痛風になる体質です。自分は筋肉量が普通の人より多いのも原因みたいです。
激しい運動は痛風の原因となるプリン体を増やしてしまうので、かかりつけの医者からは、自転車に乗るのは良いけど、激しく乗るのはダメだと念押しされてしまいました(苦笑)
健康って、実は当たり前のことじゃないのを痛感します…。
Commented by dottensya at 2015-11-16 23:18
maruさん>
 激しい運動がプリン体を増やすということは全然知りませんでした。そうなのですね。
 何事も経験してみて実感すると言えますが、のど元過ぎれば...という言葉もあるくらいで、私も普通の生活を送れることのありがたさを感じつつも、そのありがたさを忘れてしまったりということもあったりで、自分勝手きわまりないかもです(^^;。
 お体、ご自愛くださいね。
Commented by 六丁峠 at 2015-11-17 21:53 x
そうですか。事故から1年ですか・・・。
私は11/1に桂川サイクリングロードで前方から来た子供に道をいきなりふさがれて衝突し、投げ出されて鎖骨骨折、全身打撲で療養中です。そんなときにこのブログの今を一生懸命生きるという言葉が重たくのしかかりました。他人が事故にあったときは所詮はひとごとで気持ちが入らないのですが、実際に復帰してみると確かに普通に生活できることお有難さはすぐに忘れるのでしょうね。やはり、やりたいことは出来るときにやっておくべきで、それがどうすれば出来るかを考え実行に移していきたいと思います。でも、まあ、あまり無茶は禁物ですが。
Commented by dottensya at 2015-11-18 00:07
六丁峠さん>
 なんだか大変な目に遭われたようで...。
 今は仕事帰りも暗いので通りませんが、明るいときには五条通りまでサイクリグロードで帰っていました。野球帰りの子ども達が道路をふさぐように走っていたり、八条通りの所の運動場では、少年野球の子どもも親も、道路をふさぐようにして自転車にお構いなしみたいな、危ないなぁと思う場面も多々ありましたが...。相手の子供も大丈夫でしたでしょうか。
 仕事も遊びも自転車も、健康であってこそですよね。まずはお体ご自愛ください。
 
by dottensya | 2015-11-15 23:02 | サイクリング | Trackback | Comments(4)

あの角を曲がれば......

あの角を曲がれば、どこか別の世界へ行けるかも......。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30