ことしまだたった4回目(?)の花脊峠

 ちゃんと数えているわけではないのですが、8月なのにまだひょっとして今年たった4回目(?)の花脊峠なのかもしれません。そりゃぁ、これだけサボっているとしんどいわ、の世界です。

 二ノ瀬の鉄橋の温度は31度。それなりに暑いです。
e0149648_22444977.jpg
 登り始めて、走りはトレーニングなんて関係なく、サイクリングペースというか、それ以下。とにかく暑い! 汗が目に入って痛いです。途中なんどか心折れて「もう引き返そうか」と思ったくらい、ボロボロでした。花脊峠云々言うレベルでは無い......。

 それでも登りきりました。登りきることなんて当然で、その過程が問題のはずなのですが......。
e0149648_22445651.jpg
 ダメです。こんな状況ではヒルクライムなんて言っている場合じゃ無い。そんなレベルでも無い。もうヒルクライムなんて考えはやめようかと思ったほどボロボロでした。

 花脊峠を登っているときは下ってくるローディとすれ違うことはあまり無かったのですが、自分が下るときはけっこうな人数とすれ違いました。中には登っているときにすれ違った方も...。なんどかくり返し登られているのでしょうね。私もそんな時も有りましたが、もうダメです。でも、登ってくるローディとすれ違うと、私ももっと頑張らなくてはと、元気とモチベーションをいただきます。遅い者でも遅い者なりの戦いはあります。

 とりあえず、サボらないで花脊峠をくり返し登ることが必要かな。トレーニング云々ではなく、とにかく登ることが必要か。

 そうそう、下りの水飲み場で顔を洗い、頭から水を被り、「気持ち良い〜」と生き返った気分になっていると、登るときに途中で追い越したランナーの方が来られました。そして私と入れ違いに水飲み場に向かわれたのですが、なぜかすぐに引き返してこられて......。「スズメバチが居ます」と。そして「大丈夫でしたか?」と......。いくらボーッとしている私でもスズメバチのような大きな蜂が居たら気づくと思いますし、私がそう言われてスズメバチを見た場所は、私がヘルメットを置いた場所。体のどこも痛くないし、たぶん刺されていないと思いますし、ヘルメットを置いたことから考えると、私がそこから移動した後にスズメバチが来たのだと思うのですが、運が良かった......? 刺されず無事でした。

 それにしても花脊峠を走って登るなんて、どんな方なのでしょう。年齢的には同世代のような感じの方でしたが、自分の足だけで走って登れるって、スゴイとしか言いようがありません。
 もっと精進しなくては......。と言いつつ何もしない言うだけ番長の自分......(;_;)。

[PR]
トラックバックURL : http://dottensya.exblog.jp/tb/25964102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KY at 2017-08-08 18:54 x
初めまして、山科在住の者です。
6日は私も赤色のサーリーで花脊、登ってました。
登坂中、チラっとBOMAのフレームのロードが下って来るのを見た記憶があります。
ひょっとしてブログ主さんかなと思ったのですが、まぁ必死で登っていたのでチラだけでした。
蜂の巣といえば、鞍馬温泉の出入り口に
でっかい巣ができていて、注意喚起の赤コーン
が立ってましたね。
水場にあったかどうかは記憶がないですが・・。
では。


Commented by dottensya at 2017-08-08 22:56
> KYさん
 はじめまして! 下るときに何人かのローディさんとすれ違いました。もしお昼12時過ぎくらいなら、BOMAに乗っている人は少ないと思うので私の可能性がかなり高いと思います。
 水飲み場のスズメバチはたまたま飛んで来たのか、居着いているのか分かりませんが、注意喚起の表示は何もありませんでした。鞍馬温泉入り口に赤コーンがあったんですか? 鞍馬温泉入り口の橋の反対側のお家の前で少し立ち止まってから登ったのですが、赤コーンには全然気づきませんでした。私がそこに居たとき、鞍馬温泉入り口の橋の上に2〜3名のローディさんが居られましたが......。
 またお会いするかもしれません。今後ともよろしくお願い致します。
by dottensya | 2017-08-06 22:59 | サイクリング | Trackback | Comments(2)